通信制高校で気になるところをチェック 

通信制高校・公立と私立の違い

2014年5月29日 / by ciadmin

日本は法律によって、すべての人に等しく高等教育の機会は与えられるものとされています。もちろん義務教育ではありません。しかし進学の意思があれば、出来る限り高等教育を受けられる環境は国が整えるべきだとされています。


<公立の通信制高校の意義>

公立は「意欲がある人」に対して、教育の機会が等しく与えられるように制度を整備しています。定時制高校は、経済的な理由やその他の理由によって、高校への進学を断念せざる得ない人に対して、その機会を与えるべく誕生しています。経済的な負担が小さくて済むように、授業料なども大変安くなっています。自分の力だけで通えるようになっています。しかし経済的な理由のみならず、肉体的な疾患や障害によって、通学が難しい人もいます。その人達のためにもということで、通信制高校が設置されました。これも等しく授業料負担は大変軽いものとなっています。経済的な問題を抱えている人には、大変ありがたいものです。


<私立の通信制高校の意義>

しかし公立のそういう姿勢は、「通信制を続ける意思はあっても、現実問題として学習能力がついていけない」「指導がなければ習得レベルの到達が難しい」といった人を、取りこぼしてしまいます。特に「経済的な理由ではなく、ココロの問題で全日制への進学を断念した」という学習者にとっては、再度辛い思いを強いられてしまうことになりかねません。私立はそれなりに授業料などは高くとも、そういった公立の問題点を改善するようなカリキュラムを用意している通信制高校が増えています。

Comments are closed.