通信制高校で気になるところをチェック 

通信制高校のスクーリングと放送視聴

2013年12月5日 / by ciadmin

通信制高校ではスクーリングといって高校で授業を受けなくてはいけない登校日があります。ただし、通信制高校を選んで通学をする生徒の中には、芸能活動や病気などの都合で、どうしても学校へ通うことができない生徒のために、NHKで放送している授業を見てレポートを書くことで出席とすることができます。


通信制高校が授業をインターネットで配信するケースも

現在、通信制高校ではインターネットを利用して授業を配信することもあります。ネットラジオやネットでの映像配信に専門的な知識をそこまで必要とせずに配信が行えるようになったことから、このネット視聴などを利用して、年間のスクーリングの日数を減らしているところもあるそうです。そのため、仕事をしながらでも自分の空いた時間に授業を視聴することで、スクーリングに代えることもできるのです。


レポートをスマフォで提出できる学校も

通信制高校の中にはスマートフォンでのレポート提出が可能なところもあります。レポートはスクーリングとは別に、教科書のセクションごとに必要な学習を行って、提出する義務があるものです。これは今までその都度、紙に記入しスクーリングのタイミングで提出するか、郵送する必要がありました。このレポートをパソコンやスマートフォンでも提出できるようにしているのです。空いている時間にレポートに取り組め、さらに提出も送信するだけなので、提出漏れを防ぐこともできます。

Comments are closed.