通信制高校で気になるところをチェック 

通信制高校には留年がないという利点

2014年4月9日 / by ciadmin

通信制高校には、全日制高校にはない特徴があります。
特に通信制高校は単位の取り方に違いがあり、それをうまく利用することで、大変有意義に時間を使うこともできます。


<全日制高校との相違>

全日制高校には1年間で取得しなければならない単位数がありますので、1つでも落とせば留年となります。
次の年も同じだけの単位を取得しなければなりませんので、効率が悪いといえばそのとおりです。
また進級に必要な出席日数なども決まっていますので、出席日数のことだけで進級できない場合もあるのです。
一概にはそれをムダとは言えませんが、そういうシステムを嫌って通信制高校を選択するという生徒もいます。
それだけ現在では選択肢が増えたという見方もできるのです。


<3年間を有意義に使うことも可能>

学年という概念がありませんので、留年がありません。
3年間で規定の単位数をとれば卒業ができますし、3年で卒業しなければならないということでもありません。
自分のペースに合わせて単位を取得してゆけばいいというシステムですので、働きながら卒業を目指すことも容易なのです。
また早めに単位をとってしまい、その間の時間を他の勉強に当てたり、資格取得を目指すことも可能なのです。

Comments are closed.